キャベツでバストアップが期待できる理由とは?

食べ物

バストアップに効果的な食べ物として「キャベツ」が注目されています。

キャベツがバストアップに効果が期待できる理由として、ボロンと言う成分が含まれているからです。

ボロンはホウ素とも呼ばれるミネラルの一種です。

ボロンは、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促す働きをしてくれます。

女性ホルモンを分泌が促されることで女性らしい体つきを作ってくれ、乳腺を刺激する働きを持っています。

ボロンによるバストアップは女性ホルモンが沢山分泌されることで乳腺が発達し、それを守るために脂肪がたくさんつくことでバストアップにつながります。

 

キャベツのバストアップ効果はボロンだけでなく、ビタミンCもバストアップにつなげてくれています。

ビタミンCが肌にハリを持たせてくれる働きがあります。そのため、胸にもハリが出て大きく美しく見せてくれる効果が期待できるのです。

ビタミンCにはリラックス効果もあり、女性ホルモンはリラックスした状態に分泌されやすいので、女性ホルモンが活発に分泌して胸の乳腺を発達させ、バストアップを促してくれるのです。

 

では、そんなキャベツのバストアップ効果を発揮できる食べ方にはどんな方法があるのかと言うと、生で食べることです。

ボロンはとても熱に弱い性質を持っており、加熱してしまうとボロンが壊れてしまいます。

なので、キャベツでバストアップ効果を期待するなら生で食べることが一番なのです。

様々なドレッシングを活用して、味を変えながら食べると飽きずに続けられます。

 

ボロンの摂取目安量は1日に3mgとされています。

キャベツ100gにはボロンが1.45mg含まれていますので、キャベツで言うと200g食べると良いということになります。

大きなキャベツなら葉っぱ3枚程度、小さめなキャベツだと5枚程度が1日の摂取量の目安となります。

 

以上、キャベツにはバストアップ効果が期待できること分かります。

生で食べることと1日の摂取目安量を守ることで、キャベツで効果的にバストアップを目指すことができると言えます。