肩こり解消の肩甲骨ストレッチはバストアップにも効果的だった

後姿

肩下にある出っ張った骨である肩甲骨の周辺が凝り固まると肩こりを初めとした様々な不調を引き起こすと言われます。

頭痛や猫背、下半身太りの要因になる骨盤の歪みを発生させるとされ自分がどのくらい凝っているのかは簡単に確認できます。

背中に手を回し合掌のポーズができるか、片方の手を背に回し腕と反対側の肩甲骨に第一関節くらい指が入るかで自分の凝りの具合が分かります。

前者後者ともの行為が出来た場合は問題ありませんが、そうでなかった場合は筋肉が硬くなって肩こりを引き起こしやすい状態なので注意が必要です。

 

しかし肩甲骨の凝りはストレッチで手軽にほぐすことが可能であり、やり方は四つん這いになったり肩を上下運動するだけなので簡単です。

こうしたストレッチは肩周りの筋肉をほぐす以外にもメリットがあり、代表的なものとしてバストアップが見込めます。

肩甲骨を解すことは血行を良くしたり、周辺の筋肉を活性化させることにも繋がります。

すると血液と一緒に胸の成長に必要な栄養分が運ばれ、筋肉の活性化に伴い上向きでハリのあるバストを実現することができます。

 

また前文でも触れたように肩甲骨の凝りは猫背も招く恐れがあります。

猫背は体内の血流を悪化させてしまうというバストアップの大敵であり、肩周りの筋肉をほぐす重要性が伺えます。

 

この他にもストレッチを行うと顔のたるみの防止、ダイエットのサポートや骨盤の歪みの緩和といった恩恵も得られるので試してみて損はないでしょう。